前へ
次へ

就職内定なども含めた学校活動です

義務教育においてその過程が終了すると、自分で高校などを選ぶことになります。
どのような将来像を選ぶかによって代わってきますが、何よりも自分の意思で選ぶことが出来ることが大きなポイントといえます。
また高校から次のステップへといく場合にも、大学や専門学校へ行くことになりますので、より将来性の高い選択をすることになります。
社会人になる前では教育現場でも就職の内定をもらわなくてはいけません。
就職活動状況から受験状況まで幅広く把握をして生徒をフォローすることになるので、学校によっての安心感はこのアフターフォローは欠かせないことです。
また合同企業説明会などの斡旋などもすることになるために、学生の教育現場では意欲的な行動を求められるようになります。
意欲的に行動をしている学生は様々な分野においても活躍できる体制を整えることができるからです。
社会人としてステップアップするための専門学校や大学では、社会人としてのマナーを教えることも必要になります。

Page Top