前へ
次へ

社員教育が企業の業績を左右します

まだまだ、終身雇用が一般的な日本では、社員教育が企業の業績や将来を左右します。
血眼になって優秀な人材を確保しようとしても、根本的に労働人口が不足している日本では、それもままなりません。
ヘッドハンティングも日本では少ないのが実情です。
そこで、確保できている人材をレベルアップさせ、将来の経営を担ってもらわなければなりません。
これは中小企業でも必要なことです。
社員教育も計画を立てて、全員の社員を段階的にレベルアップさせることが重要です。
新入社員・若手社員・中堅社員・ベテラン社員・管理職と階層別に必要な教育があり、教育に終わりはありません。
専門知識の教育以外にも、挨拶やコミュニケーションの教育も必要です。
会社を円滑に運営していくには、社員のモラールやコミュニケーション、団結力などは欠かせません。
時には階層を超えての教育も必要でしょう。
挨拶やモラールが欠けている企業に将来は無いと思われます。
セクハラ・パワハラなどが横行していては、企業としての信用がなくなります。

Page Top