前へ
次へ

年齢に合ったお金の教育の仕方をお教えします

お子さんが将来大人になって困らない様にお金の勉強をしておく事が大切です。
ただ、年齢に合った教育をしないと逆効果になる可能性もあります。
そこで、ポイントをお教えします。
幼稚園児などには、お買い物ごっこなどを通じてお金の存在を教える事です。
お金を使うとなくなること、それから足りない場合には買うことが出来ない程度の事を教えておくことです。
それから小学校低学年の場合には、文字がかけたり、計算が出来たりする様になります。
そのため、必要なもの、欲しいものとの区別を付けることを教えておきましょう。
必要なものは買う必要がありますが、欲しいものは貯めてから買う事を身につけておきましょう。
それから小学校中学年の場合には、貯めることと借りることを教えておくことです。
貯めることのメリットや借りることのリスクなどを身につける事で貯める方への興味を持つようにする事です。
これらの事が小学生までのお金の教育として教えておきたいことです。

Page Top